季節に左右されない

胡蝶蘭入学式や卒業式は季節が決まっていますが、開店・開業祝いは、何月になると決まっていないので、花を贈る場合季節によっては贈りたい花が入手できないことがあります。花が咲くのを待っていると、開店・開業祝いのタイミングを外してしまいますので、後から贈ってもなんとなく気まずい思いをするかもしれません。その点胡蝶蘭は年間を通して販売されていますので、いつ、どのタイミングで開店・開業があっても、お祝いに贈ることができます

花によっては栽培できる地域が限られるので、入手が難しいものもありますが、胡蝶蘭は全国で栽培されていますので、地域による違いもほとんどありません。花束の場合は、届いてしばらくは綺麗な状態ですが、時間が経つと枯れてしまいます。胡蝶蘭はきちんとお手入れをすれば、2ヶ月前後綺麗な状態が続きますし、花が咲き終わっても適切なお手入れをすれば、翌年も綺麗な花を咲かせてくれます

手入れができないとしても、2ヶ月前後は持ちますからお祝いとして贈られた場合、しばらく飾っておけるのもポイントです。このように、胡蝶蘭には多くのメリットがあるので、お祝いに贈る花としても人気があるのです。予算によって選択肢があるのもいいところです。

強調しすぎない

花の種類によっては、見栄えが良くても香りが強いので、人によって好みが大きく分かれます。例えば飲食店の場合、香りが強すぎる花は、料理の香りを邪魔するので不向きとなってしまいます。衣類のように布に花の香りが付いてしまうような場合も、あまり歓迎されない可能性があります。

白の胡蝶蘭開店・開業祝いに香りの強い花を贈ると、香りが強すぎて店内や室内に置いておけないことがあります。屋外におくと、せっかくのお祝いが人目に触れなくなってしまいます。店主やオーナーがその花の香りを好んでいても、来店する人全てに好まれる香りではない場合は、せっかくのお祝いも残念な結果となってしまうでしょう。

その点胡蝶蘭は香りがほとんどしないので、どんなお店にもOKなのが魅力です。さらに花粉もほとんど飛びませんので、周囲を汚す心配もありません。ほとんど香りがしないから、飲食店や衣類を扱うお店にも歓迎されますし、病院などにも人気です。見た目にも高級感と存在感があるから、1つあるだけでも豪華なのに強調しすぎないのも胡蝶蘭が選ばれる理由となっています。色によって雰囲気が変わりますから、お店の雰囲気に合わせて選ぶといいでしょう。定番の白なら、どんな雰囲気にもよくマッチします。

見栄えが良い

開店・開業祝いは、おめでたいことですしオープン当日は、お祝いムードになります。こういう時には胡蝶蘭が選ばれますが、見た目にも上品で高級感があって見栄えがいいのも人気の理由となっています。

胡蝶蘭 絵胡蝶蘭は種類によって花の大きさや数が違いますが、1本も枝に複数の花が咲きます。お祝いに選ばれる花ではバラも人気ですが、バラは1本の茎に1個の花となるので、ゴージャスに見せるには数十本必要です。胡蝶蘭は1歩の茎に7個~14個の花が咲くので、1本だけでもゴージャスに見えます。開店・開業祝いに贈る場合は、最低でも3本立てを選びますから、見栄えがいいのも選ばれる理由です。

花の大きさによっても雰囲気が変わります。種類としては大輪、中輪、ミディの3種類で、花が大きいものは少なくてもボリュームがあり、小さくても本数を増やせば見栄えは良くなります。花の大きさによって、全体の大きさも変わってくるので、スペースを考えて選ぶのもポイントです

開店・開業祝いには、花の大きさによる違いもありますが、3本立て、5本立て、7本立てが多く選ばれています。花のサイズが大きく数が多いほど豪華ですが、小ぶりの場合は可憐な印象になりますので、雰囲気に合わせて選びましょう。

胡蝶蘭の花言葉

開店・開業祝いには花を贈るのが定番となっています。花にもいろいろな種類がありますが、花輪やスタンド以外では、胡蝶蘭の鉢植えを選ぶひとが多いのも事実です。開店・開業祝いがある時も、多くの胡蝶蘭を目にしますが、なぜ数ある花の中から胡蝶蘭が選ばれるのでしょうか?それにはいくつかの理由があります。

胡蝶蘭プレゼント包み花を贈る時、花言葉を重視して選ぶことが多いです。胡蝶蘭の花言葉は、幸せが飛んでくる、ですから開店・開業祝いにはピッタリです。お店をオープンしたり、これから何か新しいことを始めたりする時、幸せが飛んでくるという縁起のいい花言葉は、花を贈られた人をも幸せな気分にしてくれます。

花言葉は花の種類によっても変わりますが、贈る目的によっても選択肢は変わってきます。胡蝶蘭は開店・開業祝いの他にも、様々なおめでたいシーンで選ばれています。花輪やスタンドではなく、鉢植えというところもポイントです。鉢植えは根付くという意味があるので、幸せが飛んできてそこに根付くという意味になります。商売をする上では縁起がいいことこの上ないでしょう。

ちなみに鉢植えは根付くという意味もあるので、病気でのお見舞いにはふさわしくありませんから、根がない花束などを選びます。おめでたい時は鉢植えでも構いませんが、目的によっては違う意味となってしまうので注意が必要です。大きなお店の場合は、いくつもの胡蝶蘭がお祝いに届くので、それだけでも華やかな雰囲気になります。