強調しすぎない

花の種類によっては、見栄えが良くても香りが強いので、人によって好みが大きく分かれます。例えば飲食店の場合、香りが強すぎる花は、料理の香りを邪魔するので不向きとなってしまいます。衣類のように布に花の香りが付いてしまうような場合も、あまり歓迎されない可能性があります。

白の胡蝶蘭開店・開業祝いに香りの強い花を贈ると、香りが強すぎて店内や室内に置いておけないことがあります。屋外におくと、せっかくのお祝いが人目に触れなくなってしまいます。店主やオーナーがその花の香りを好んでいても、来店する人全てに好まれる香りではない場合は、せっかくのお祝いも残念な結果となってしまうでしょう。

その点胡蝶蘭は香りがほとんどしないので、どんなお店にもOKなのが魅力です。さらに花粉もほとんど飛びませんので、周囲を汚す心配もありません。ほとんど香りがしないから、飲食店や衣類を扱うお店にも歓迎されますし、病院などにも人気です。見た目にも高級感と存在感があるから、1つあるだけでも豪華なのに強調しすぎないのも胡蝶蘭が選ばれる理由となっています。色によって雰囲気が変わりますから、お店の雰囲気に合わせて選ぶといいでしょう。定番の白なら、どんな雰囲気にもよくマッチします。