見栄えが良い

開店・開業祝いは、おめでたいことですしオープン当日は、お祝いムードになります。こういう時には胡蝶蘭が選ばれますが、見た目にも上品で高級感があって見栄えがいいのも人気の理由となっています。

胡蝶蘭 絵胡蝶蘭は種類によって花の大きさや数が違いますが、1本も枝に複数の花が咲きます。お祝いに選ばれる花ではバラも人気ですが、バラは1本の茎に1個の花となるので、ゴージャスに見せるには数十本必要です。胡蝶蘭は1歩の茎に7個~14個の花が咲くので、1本だけでもゴージャスに見えます。開店・開業祝いに贈る場合は、最低でも3本立てを選びますから、見栄えがいいのも選ばれる理由です。

花の大きさによっても雰囲気が変わります。種類としては大輪、中輪、ミディの3種類で、花が大きいものは少なくてもボリュームがあり、小さくても本数を増やせば見栄えは良くなります。花の大きさによって、全体の大きさも変わってくるので、スペースを考えて選ぶのもポイントです

開店・開業祝いには、花の大きさによる違いもありますが、3本立て、5本立て、7本立てが多く選ばれています。花のサイズが大きく数が多いほど豪華ですが、小ぶりの場合は可憐な印象になりますので、雰囲気に合わせて選びましょう。